闇金の相談は警察で対応してもらえる?|弁護士に闇金の相談をすることのメリットと闇金の相談窓口

闇金の相談は警察で対応できない?|弁護士に闇金の相談窓口あり

闇金の相談は警察で対応してもらえる

 

闇金業者からの執拗な取立てや連絡などの行為は警察に相談は可能でしょうか。

 

原則として、警察は民事不介入の原則が取られています。

 

そのため確かに闇金業者は違法な存在ですが、そこから借りた借金で困っているという相談に対して警察が動いてくれることはありません。

 

借金契約というものは民法の問題であり、あくまで当事者間で解決しなければならないトラブルとされているからです。

 

そのため闇金の相談で警察に動いて欲しい場合は、刑法に違反する行為をされているという名目で対応してもらう必要があります。

 

 

では刑法に違反する行為とはどういったものを指すのでしょうか。

 

警察が動いてくれる行為として、つきまといや脅迫や、不法侵入があげられます。

 

つきまといは自宅や職場などについてきて取立てをする行為を指し、脅迫は返済しないとどうなるか分かっているのかといった言葉や家族がどうなっても知らないなど自分の生命や家族の安全を脅かすような発言を言います。

 

また帰って欲しいことを言っているのに、自宅に上がり込んでくることも不法侵入として扱ってくれる場合があります。

 

 

いずれにせよ、相談をするのなら証拠が必要になります。

 

携帯電話などの録音機能や撮影機能を利用して証拠を集めてから相談に行くとスムーズでしょう。

 

 

弁護士に闇金の相談をすることのメリットは何ですか?

 

闇金に関するトラブルを相談する先としてよくお勧めされるのが弁護士です。

 

ですが弁護士に相談するとなるとそれなりの費用もかかるわけですから、そのメリットは何かが疑問となることが多いでしょう。

 

ではその闇金の相談を弁護士にすることのメリットは何かというと、最も大きいのは法律面から闇金に立ち向かえることです。

 

かつては「納得して借りたのだから返さないというのは通らない」といった言い分がよく使われていましたが、現在の司法判断では「闇金の貸し付けは違法だから元本を返す必要もない」という結論が出ています。

 

 

この司法判断を根拠として反論すれば、闇金への返済は事実上踏み倒すことが可能となります。

 

またそうしたトラブルが解決してもなお借金が残るというような場合には、そのまま弁護士に債務整理を任せることもできるでしょう。

 

任意整理や個人再生、自己破産など方法はいくつかありますが、どのような方法であっても借金の返済を格段に楽にしてくれます。

 

こうしたメリットを踏まえて考えると、報酬が発生するとしても弁護士に相談する価値はあります。

 

もし債務問題を抱えてしまった際には、まず最寄りの事務所を探して相談を持ちかけるようにしましょう。

 

 

闇金の相談はどの窓口で行える

 

闇金のことを相談する窓口としては大きく3つあります。

 

最も効果的な相談窓口として弁護士事務所があげられます。

 

闇金業者はそもそも存在自体が法律に反する存在であり、背後に裁判所の登場が待っている法律のプロである弁護士が出てくると途端に動きを潜める業者も多くあります。

 

弁護士事務所への依頼となると、ある程度金銭的負担がかかりますがてっとり早く解決したいというときは弁護士の利用が良いです。

 

 

ある程度の時間はかかっても良いが金銭的負担はなるべく減らしたいという方向けの相談窓口として自治体の無料法律相談を利用する方法があげられます。

 

多くの自治体で予約制になっているので自分の番が来るまでに時間はかかりますが、基本的には初回30分程度は無料でアドバイスを受けられます。

 

自治体によってはそこから弁護士事務所へ案内してくれることもあるので、まずは無料で話を聞きたいという人は最初に自治体の窓口を利用しても良いでしょう。

 

 

闇金の取立てに対して日常生活に限界を感じているという場合は警察の相談窓口に行くことをおすすめします。

 

実際に警察に行く前に、現在どの程度被害を受けているのかという証拠を持っていくとより適切なアドバイスや対応をしてもらえるので準備しておくと間違いがないです。

 

 

関連サイト

 

債務の相談をするなら、参考になるサイトがあります。
特に苦しい借金で苦しんでいる場合には参考になると思います。
闇金の取立てに困っているのなら、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

関連サイト:借金苦しい